環境への取り込み

環境保全に努めることで社会に貢献します。

環境への取り組み現在、産業廃棄物処理場の受入量が逼迫している中、建設リサイクル法の指定項目でない建設汚泥についても、リサイクル指針のもとに現場内での自ら利用、工事間の利用調整など、幅広い活用と発生の抑制が努められています。

しかし、リサイクル品の全てが安全で環境面に対して影響が無いものとは限りません。更に、品質確保するための高い技術力を必要とし、中間コストが思うほか掛るため普及しづらいというデメリットがあります。

 中性化固化改良工法は、そういった建設汚泥や浚渫土の改質とリサイクル工程を一連のシステムを採用することで容易にします。更に、弊社が培ったミキシング技術と多種多様な泥土に対応し得る固化材の製造技術の組合せにより、施工性、コスト性、及び環境面を満足させ、従来のリサイクルにおける問題点を解決できる有効な工法であると考えています。


施工実績はこちら