事例紹介

中性固化改質土の植栽用土への適用・活用事例

浚渫土を農耕土に有効活用。


浚渫土の改質

鳥取県加茂川浚渫工事により発生した浚渫泥土を中性固化し、改質土を試験畑の植栽用土として用いました。試験畑には、野菜(ナス、キュウリ、ピーマン、ダイズ、ジャガイモ等)を栽培し、沢山収穫があり、結果は大変良好でした。

試験畑に種を蒔き出した状況

試験畑に種を蒔き出した状況

順調に生育する野菜各種

順調に生育する野菜各種

野菜が実り収穫している様子

野菜が実り収穫している様子

浚渫土で育てたダイズ

ダイズ

浚渫土で育てたナス

ナス

浚渫土で育てたキュリ

キュウリ

植栽ポット試験

佐賀平野の地層に多く分布する軟弱土を中性固化して、稲の植栽ポット試験を行いました。中性固化土の方がpHが低い分、稲の生育が良く、束密度が多い分収穫も多くなりました。

中性固化土

中性固化土で育てた稲

苗付後

中性固化土で育てた稲

1ヵ月後

中性固化土で育てた稲

2ヵ月後

中性固化土で育てた稲

3ヵ月後

石灰改質土

石灰改質土で育てた稲

苗付後

石灰改質土で育てた稲

1ヵ月後

石灰改質土で育てた稲

2ヵ月後

石灰改質土で育てた稲

3ヵ月後

植栽ポット試験

植栽ポット試験