仕事内容WORK

創業以来、一貫した開発型
“ものづくり”事業

冨士機は「ベンチャー企業」という言葉がない時代から新技術への挑戦を続けてきました。
プラント事業・環境事業において、様々な開発を手掛け、オンリーワンブランドの地位を築いています。

プラント事業PLANT

各種産業機械、建設機械、プラントの設計、制御設計、製作、施工、メンテナンス、改造などを一貫して行っています。
これまでにない製品や特許を多数保有し、そのフイールドは、セメント、建設、電力、製鉄、窯業、舗装、食品、リサイクル業界など多岐に渡ります。

冨士機の「プラント事業」について詳しく見る

環境事業ENVIRONMENT

これまで「産業廃棄物」とされてきた建設泥土、浚渫泥土を有用な「建設資材」へとリサイクルする事業を行っています。
中性固化材を初め、各種固化材の製造、固化ユニットを用いた中性化固化改良工法、ビッグバン改良工法などプラント事業部が持つ機械技術とのシナジーによる新技術を展開しています。

冨士機の「環境事業」について詳しく見る